勝率重視と損益重視どちらがいいのか??

こんにちは。みやです。

今回の記事では、FXにおいて勝率重視がいいのか損益重視がいいのかを私独自の見解で説明していこうと考えています。

それぞれメリットとデメリットも説明していきますので、これからFXを始めたいと思っている人やFXで思うように成績が良くない人は、是非参考にしてみてください。

まず、勝率重視と損益重視はどういうものなのかを説明していきます。内容は以下です。

勝率重視

・損益比率がおよそ1:1~1.2
・勝率が7割~8割
損益重視

・損益比率がおよそ1:2~3
・勝率が4割程度

つまり、損益に特化するのか勝率に特化するのかの違いということになります。

書籍では損益重視を推奨している本がほとんど

巷で売られている書籍などでは、損益重視がほとんどです。前述のように、「損益比率が1:2~3程度」、「勝率4割」と書かれていたりします。よく損小利大とか言ったりすると思いますが、小さく負けて大きく勝つということです。

これはこれで正しい考え方だと思います。大きい相場が来れば、大きく勝つことが出来るからです。

しかし、「連敗に耐えられるのか」という問いに「YES」と答えなければならないと考えています。これが損益重視における最大のデメリットになります。

勝率4割では5連敗する確率は7.7%

上記確率は下記の計算式で算出できます。高校数学程度で学習できるレベルですね。100回トレードすると7回は5連敗するという確率です。

勝率αの人がn連敗する確率は1-αのn乗

これに耐えられるのかという話になってきます。初心者や負け続けている人ではおそらくこの連敗に耐えることが出来ないと私は考えています。

精神的に楽にトレードが出来るのは断然勝率重視

損益重視のトレードとは逆に、勝率重視では大きく稼ぐことはできませんが、連敗を抑えることが可能です。

前述した式に当てはめると、勝率7割では5連敗する確率は0.2%となります。これだと精神的に楽に続けることが出来るかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です