FXでやってはいけないトレード4選!!【勝ちトレーダーは必ずやってます】

こんにちは。みやです。

今回の記事では、FXでやってはいけないことを4つ紹介していきたいと思います。

この記事を読むことによって、トレードをする際にやってはいけない行動を知ることができ、トレードスキルにさらなる磨きがかかっていくと思います。ですので、スキルをさらに磨きたい人はこの記事を読んで行動をしてみてください。

結論から言うと、以下になります。

①値ごろ感でトレードをしてしまっている
➁資金管理が適当になっている
➂マイルールを破ってしまう
④他人よがりになる

では早速詳しい内容を説明していきましょう。

①値ごろ感でトレードをしてしまっている

例えば、相場が極端に下がったり上がったりしている場合、「よしそろそろ反転するだろう」という気持ちが現れてくると思います。しかし、この「反転する」ということに勘違いしているトレーダが多くいます。

勝ち続けているトレーダは、反転ポイントをしっかりと見極めています。例えば、相場が極端に下がった場合、ダブルボトムや逆ヘッドアンドショルダーなどの明確な反転ポイントが現れるまでエントリーはまずしません。

逆に負け続けているトレーダは、そのような形状を一切気にせず、単に下がったから、単に上がったからと言って逆方向にエントリーしてしまいます。

このようなことを避けるためには、必ず「根拠のあるエントリーをする」ということが非常に大切になってきます。

➁資金管理が適当になっている

資金管理は厳密にできていますでしょうか??

私の場合は、20連敗しても耐えられる資金管理を行っています。ですが、多くのトレーダは5連敗程度で尽きてしまうくらいのロットでトレードしています。

相場の世界で長く続けていくには、連敗は付きものです。それを事前に認識してから相場の世界に入っていきましょう。

目安としては、1トレードあたり損失範囲は1%~2%と言われています。2%以上の損失を出すようなロットでトレードをしないようにしましょうね。

➂マイルールを破ってしまう

私のマイルール(ルーティン)は以下です。

1.チャートを開く
2.4時間足で各通貨を見る
3.チャートパターンが出現している場合、ネックライン付近に逆指値を置く
4.逆指値と同時に損切利確ポイントも設定する(IFOCO注文)
※チャートパターンが出現していなかった場合は見送る

ここでいうチャートパターンは以下です。

・ダブルボトム
・ダブルトップ
・ヘッドアンドショルダー
・逆ヘッドアンドショルダー

非常にシンプルですが、4時間足でこのパターンが出ると勝率はかなり高いです。

リスクリワードは1:1.0~1.2くらいですかね。損小利大よりも勝率重視のトレードをします。

④他人よがりになる

情報が飛び交う現代では、ツイッターやニュースなどで投資の情報をすぐに手に入れることが出来ます。

それはそれで素晴らしいことですが、反面どの情報を信じればいいかわからないのが弱点になります。

例えば、今から買いだと思ってトレードをしようとしたときに、「今は売りが優勢だ」という情報を手に入れると買うことに躊躇してしまいます。

ここで言いたいことは、自分の軸をしっかりと持って、周りの情報に流されないということです。そうでないと、何が正しいかわからなくなってしまうからです。

もし周りに流されやすい人は、極力投資の情報は見ないようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です