「鬼滅の刃」から学ぶトレード理論

こんにちは。みやです。

今回の記事は、トレード理論です。タイトルにある通り、「鬼滅の刃」というマンガに沿ったトレード理論を紹介していきます。

「鬼滅の刃」は主人公の炭次郎が鬼になった妹を人間戻すために、鬼と戦っていくストーリーです。まだ見ていない人は見てみてくださいね。

その主人公と共に戦う、我妻善逸という人物から非常に大切なことを学んだんですね!!

我妻善逸は鬼と戦う際、一つの技しか使えません。でもその一つの技がむちゃくちゃ強いんです。

技自体もとてもシンプルで、「霹靂一閃」という鬼に向かって一直線に向かい首を切る技です。

トレードもそれと同じで、技(手法)はとてもシンプルです。私の場合は、基本的にダブルボトム、ダブルトップからのネックライン超えエントリーです。とてもシンプルかつ強力です。

しかし、9割以上の投資家が相場に翻弄されて撤退します。それは、「1つの手法を貫けないこと」に原因があります。手法をコロコロ変えて、どれも中途半端なクオリティーとなってしまうのですね。

1つの技だけでは、客観的に見てすごく地味だと思われがちですが、善逸のように活躍できるんですね。

なのでこれからも1つのことに集中して極めていきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です